1.育児が落ち着いたら復職したい of 看護師・転職その前に





HOME > 看護師・転職 Magazine > 「もう一度働きたい」 > 1.育児が落ち着いたら復職したい

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |


私は育児で5年も医療の現場からは離れていたので、やはり同じような看護師の体験談は励みになります。あたかも合格体験記のようです。とりわけ、派遣業者に登録しておけば自宅の近くの病院に空きが出たタイミングをつかめます。落ち着いたとはいえ、まだ子育て中なので就職活動が負担にならないようにしなければなりません。その意味でも登録しようと思います。
(本文より)

目次

1.育児が落ち着いたら復職したい
2.夜勤のある病院を希望する場合
3.夜勤のない病院を希望する場合
4.外来のみの場合
5.違う分野の場合(プリセプター(指導看護師)をしていたのにキャリアの浅い人に教わらないといけない)
6.違う分野の場合(慢性期病棟)
7.違う分野の場合(小規模の民間病院)
8.違う分野の場合(手術室)
9.転職に失敗した人のお話
10.転職に成功するには?

1) 育児が落ち着いたら復職したい

下の子供が保育園に通える年齢になり、もう一度看護の現場に戻りたいと思うようになりました。しかし、五年ものあいだ主婦業に専念してきた私が、あのハードな現場に復帰できるのか、不安でもあります。

以前は、大きな病院の急性期の外科病棟に3年間勤務していました。勤務3年目には病棟全体の業務も把握できるようになり、新人や転職してきた人を教えるプリセプター(指導看護師)業務も任されていました。復職するのであれば、やはり、以前と同じような仕事を、同じような病院でやりたいものです。そこで、家から通える範囲にあり、託児所の充実している、比較的大きな病院の外科病棟を探しましたが、条件に合うところはそうそう見つかりません。これは希望条件を広げるほかないと考えました。

まったく経験のない分野の病棟で働くということは、一から仕事を覚えなくてはいけないということです。その仕事をやりこなせるだろうか。それ以前に、新人を教える立場に一度は慣れた私が、自分よりもずっと若い人に教わるという環境に果たして適応できるのだろうか。たとえ前職と同じような病院が見つかったとしても、細かい仕事のやり方など教わるべきことはたくさんあるはずですから、考えておかなくてはならないことです。

自分の心構えを見直したあとは、違う分野、たとえば慢性期病棟や小規模の民間病院、手術室などで働いた場合のことをシミュレーションしました。そして、夜勤の有無を加味し、自分の志望先を考えていきました。希望と妥協の落とし所を、見つける作業となりました。

最後に、転職の成功談・失敗談について同期の仲間や先輩にたくさんの話を聞き参考にしました。失敗談ばかりに怯えひるんでいては、私も引きずり込まれて失敗しそうな気がします。逆に、リスクを考えず成功談ばかりを鵜呑みにして、バラ色の未来ばかりを描いても、いい結果につながらないように思います。そして何より、集めた情報の多さに頭でっかちになっていては、第一歩が踏み出せません。新人の時のような初心に返ること、心を白紙に戻すことが大事だと思うのです。

以上のことを踏まえ、私なりに考えた転職のポイントを詳しくお話したいと思います。

Doticon_grn_Right.png次のページは、「夜勤のある病院を希望する場合

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

無料簡単登録・転職サポート看護師マガジン・スタート!