英語が広げる看護師の可能性 of 看護師・転職その前に





HOME > 英語が広げる看護師の可能性

英語が広げる看護師の可能性

看護の現場で必要な英語とは?

看護や医療の勉強している学生や、現場で英語が必要な看護師にとって、コミュニケーションとしての英語のスキルは必要です。
しかし一番困るのは、これまで英語を仕事で使うことはなかったのに、急に必要になった場合ではないでしょうか。

ここでは、看護師として現場で必要な英語を効率良く身に付けるために、参考になる書籍を紹介します。

実際に外国人の患者に対応する場面はどんな場合があるのでしょうか。
また、外国で活躍する日本人ナースのことまで話を広げてみたいと思います。

「現場ですぐに役立つ!看護・医療スタッフの英語」山中マーガレット著・朝日出版社


オーストラリアに生まれ、岐阜女子大学教授を務める山中マーガレットさんのCD付の著書です。
娘さんが脳炎になり、その時の日本での入院体験がきっかけで、この本が出来たといいます。

まず登場するのは、初診の外来患者に対しての話しかけ方、登録書への記入のうながし方など。
実際のやりとりで必要になる表現がうまくまとめられています。

基本問診や病歴をたずねる場面では、「風邪」や「じんましん」などの主な病名や、血縁関係にある家族を英語でどう表現するかなどが書かれています。
症状をたずねる場面では、体の各部分の呼び方。症状がいつから始まってどのような痛みなのかをたずねる表現も含まれています。
症状を確認した後は院内設備の案内が必要かもしれません。
救急患者への対応や、診察日の予約に関する会話場面も収録されています。
その他、様々な検査や手術前後、リハビリテーションや毎日の観察、薬の説明など、看護師が遭遇するさまざまな場面での英会話が紹介されます。
外国人の患者にとって、日本という外国での入院にはストレスが大きいものです。
この本では医療スタッフと患者の信頼関係を深めるための声かけやコミュニケーションの秘訣も紹介されます。

LinkIcon「現場ですぐに役立つ!看護・医療スタッフの英語」のクチコミを見る(Amazon)


「看護師たまごの英語40日間トレーニングキット」平野美津子 / 菱田治子著・アルク


病院施設の名称が軽やかなチャンツのリズムに乗って始まる2枚組みのCDと3冊の本がセットになった書籍です。
上記の山中マーガレットさんの本と同じく、外来時のコミュニケーションから入院などの会話で必要な語彙や表現がが学べるように工夫されています。
実際の看護師さんに薦めたら好評だったというクチコミもあり、これからの情報収集に役立つウェブサイトの紹介や、国内外で活躍する看護関係者の英語へのかかわりに関するインタビューなど、実体験に基づく知識と英語練習ができる内容になっています。

LinkIcon「看護師たまごの英語40日間トレーニングキット」のクチコミを見る(Amazon)


「日本人ナースはなぜアメリカで評価されるのか? -アメリカ看護師試験「NCLEX-RN」の合格者に学ぶ成功論」中村 明著・幻冬舎


アメリカ看護師試験「NCLEX-RN」を取得し、アメリカをはじめ世界を舞台に活躍する日本人ナースたちを例に、日本で働く日本人ナースに新しいキャリアの提案をしています。
すでに国際レベルに到達しているという日本人看護師。
そんな日本人ナースに知って欲しい「国際看護師」の資格とはいったいどんなものなのでしょうか。
アメリカナースの現状や、海外での成功談などをからめてお話されています。
日本人ナースとして自信を持ちたい方、これからのキャリアを見直して新鮮な気持ちで仕事に取り組みたい方にオススメの本です。

LinkIcon「日本人ナースはなぜアメリカで評価されるのか?」のクチコミを見る(Amazon)


こちらもあわせてどうぞ
「入職後1年間キャリアアップをサポートする支援金あり」
LinkIcon看護師転職サポート「ナースではたらこ」の詳細はこちら

無料簡単登録・転職サポート看護師マガジン・スタート!